- バス用品

everyday minerals 個人輸入 ホワイトニング

everyday minerals 個人輸入 ホワイトニング
日本をはじめとするアジア諸国では、化粧品の美白効果が非常に高いことが分かります。.
どのbihaku製品がしないのですか?

 彼らは肌を白くしません!
 彼らはあなたが生まれた自然の肌の色を永久にまたは一時的に変更することはありません. 自然な明るい茶色の肌を白っぽい色合いに明るくすることはできません!
 ヒドロキノン、水銀、鉛は含まれていません!これらの成分は日本の美容製品では違法です!

バイハク製品の機能と目的:
使用されている活性成分に応じて若干のバリエーションがありますが、これらは全て、色素沈着を予防し、退色させるのに役立ちます. 年齢、性別、肌の種類、肌の色調などにかかわらず、ほとんどすべての人がこれらの製品から大きな利益を得ることができます.

メラッスマ、にきび、そばかす、そばかす、年齢の斑点、黒っぽい斑点などの局所的な色素沈着を治療(時には予防にも役立ちます).

ユーザーは日焼け防止を実践し、これらの製品の使用に加えて適切な日焼け止めを毎日使用することが自動的に想定されます(パッケージに書かれていることはほとんどないため)。. そうしないと悪影響を受けることがあります。準医薬品は投薬薬とみなされ、使用目的が限定されています. ほとんどのバイハク製品は日本では準医薬品に分類されているため、標準的な法律や輸入(個人およびビジネス)の制限は他の薬と同様に適用されます。
バイハクの医薬部外品では、色素沈着の予防や改善のために厚生労働省(厚生労働省)の承認を受けた有効成分(安全性)を含有しています. 例えば、製品に規則的な酸化亜鉛、微粉酸化亜鉛およびシリコーン被覆酸化亜鉛が含まれている場合、それらは単に、酸化亜鉛のような表示に単純にグループ分けするのではなく、成分のリスト上で量の順序で明確に識別されなければならない .
日本で開発された厚生労働省の承認を受けたビハク
それらはすべて、色素沈着を減少させるが、プロセスは異なる. 下の図を見ると、色素沈着のタイプを最もよく扱うアクティブなものを選ぶのが最善です.

私の情報源は、詳細をそれぞれ説明する科学研究や雑誌に興味があるならリンクされています.
これらはすべて、色素沈着過多治療薬として認可されています。

 4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノール(4-HPB)メラニン生成を抑制する.

Everyday minerals 個人輸入 ホワイトニング 効果

2007年にカネボウによって開発されたもので、UV誘発色素沈着および鮮やかさと肌の全体的な肌の夕方を効果的に治療することが示されています.

1998年にPolaによって開発され、それはメラズマの治療に特に有効であることが示されている. これを主な活動として持つ製品:POLA White Shot W

 5,5-Dipropyl-biphenyl-2,2-diol(Magnolignan)メラニン生成を減少させて、UV誘発性およびホルモン/薬物誘発色素沈着を治療する.

2005年にカネボウによって開発されたもので、日本産白磁マグノリアと同様の構造のポリフェノールの一種です. これを主力とした製品:カネボウインプレッションICホワイトリターリー

 アデノシンモノフォスフェート二ナトリウム塩(AMP)皮膚にメラニンが蓄積するのを防ぎます.

2004年に大塚製薬によって開発され、皮膚の若返りを助けるために細胞の再生速度を加速します. これを主な活性成分とする製品:InnerSignal Rejuvenate Clear-Up Mask

 アルブチンメラニン産生を阻害する.

1980年代後半に資生堂が開発したもので、ヒドロキノンの天然誘導体ですが、細胞毒性はありません. ソース、ソース2
これを有効成分として含む製品を見る:こちら

 Chamomilla Extract抗炎症薬.

1990年代後半に花王によって開発され、日本で承認された植物抽出物から唯一の美白活性成分です. これを主な活性成分とする製品:Cur l Whitening Moisture Essence

 Ellagic Acid UV誘発色素沈着を治療するためのメラニン生成を抑制する.

1990年代半ばにLion Corporationによって開発され、特定の植物に見出される天然に存在するポリフェノールである. これを主な活性成分とする製品:Helena Rubinstein Age White Reverser Superior Serum(a. 厚生労働省は2003年に発がん性の可能性があるためコウジ酸の使用を簡潔に警告したが、2005年にさらに再評価した結果、化粧品の成分として安全であり、広く使用され続けている.

Everyday minerals 個人輸入 ホワイトニング 違い

これを主な活性成分とする製品:アルビオンIGNISホワイトニングコンセントレート

 リノール酸メラニン産生を抑制し、皮膚細胞の代謝回転を促進し、UV誘発色素沈着を治療します.

2001年にSunstar Incによって開発され、加水分解された植物油由来の不飽和脂肪酸. ソース、ソース2

 m-トラネキサム酸(M-Tranexamic Acid)UV誘発色素沈着を治療するためにメラニン産生を抑制する部位を標的とし、環境要因に起因する皮膚の粗さを改善する. ソース
これを有効成分として含む製品を見る:こちら

 胎盤抽出物/タンパク質それは色素沈着を除去するために皮膚の細胞再生速度を加速する.

それは普及している平等であり、日本のビタミンCと同じくらい長く活動しています. 以前はウシ由来でしたが、Mad Cow Diseaseに関する懸念から、現在、美容製品に使用されている豚や植物に由来しています. これを主な活性成分とする製品:SOLANOVEIL Medicated Bihaku Milk

 カリウムメトキシサリチレート(4MSK)メラニン生成を減少させる.

2003年にShisieidoによって開発され、そのメカニズムはarbutinに似ています. これをメインにした製品:資生堂百合メラノフォーカスW

 ビタミンCそれはその抗酸化的性質により、UV誘発色素沈着を防止する.

アスコルビン酸及びその誘導体は、日本で最も一般的な活性成分であり、1980年代後半から使用されている. マグネシウムナトリウムL-アスコルビン酸2-リン酸、L-アスコルビン酸2-グルコシド(AA2G)、L-アスコルビン酸エチルエステル
これを有効成分として含む製品を見る:こちら

他のアクティビティーはどうですか?
あなたの中には、退色している​​色素沈着に使用されている一般的な活性物質がたくさん含まれていることに気付いた人もいます(禁止されている成分は別として).
グリチルリチン酸ジカリウム、甘草および他の植物抽出物、AHA、レチノイドなどの一般的な活性成分.

どういう意味ですか?これらの成分は、認可された活性成分の少なくとも1種を添加することなく使用することができるが、これらの製品は、色素沈着を治療するための薬剤としてラベル付け/分類することはできない. これは、日本の消費者が、色素沈着を治療するのに有効ではないことを意味する(通常の化粧品VS医薬部外品).

READ  カンジダ サプリ アイハーブ セール