- バス用品

carb blocker examine

carb blocker examine ホワイトキッドビーンエキス(ブランドPhase2でも知られています)は、デンプンの消化を抑制することによって作用する炭水化物ブロッカーです.
それらの消化を抑制することにより、食べられたデンプンは消化消化されたまま消化されるか、消化される量は減少する. これらのデンプンは排泄され、それらのカロリーは吸収されないか、または発酵(食べる)ために結腸細菌に与えられる。.
白い腎臓エキスは体重や体脂肪量を単純なカロリー制限と同様に減らすことができます. 過剰給餌の場合、白い腎臓エキスは体脂肪増加の予想される増加およびトリグリセリドおよび血中グルコースのような血液パラメータを時間の経過とともに緩和することができる.

更新についてはこのページに従ってください
  無料5日間の補足コース
 

  

 
フェーズ2の錠剤(尋常性灰白質445mgを含む重量で800mg)は、炭水化物吸収を減少させるのに有効であるようである.
高用量が炭水化物の腸内吸収を妨げることにおいて有意により良好であるか否かは不明である. 無料5日間の補足コース
 

  

白色腎臓抽出物は、具体的には、α-アミラーゼ阻害剤アイソフォーム1として知られている. その特定の豆の中でその蔓延率が高いために白豆豆抽出物として知られているが、それは任意の豆類ソースから抽出される.
アルファ – アミラーゼインヒビターアイソフォーム1(以後、アルファ-AI1)は、アルファ-AI2およびアルファ-AILに沿った主なデンプンインヒビターの1つである. デンプン阻害剤は、非常に類似した構造にもかかわらず、異なる構造の ‘結合ループ’を有するので、PHAが行うのと同じ害を与えないが、アセルシンおよび植物ヘマグルチニン(PHA)に沿った豆レクチンである。炭水化物結合を許容しない. PHA、arcelins、およびAlpha-AILは、ループ構造からの立体障害のためにアミラーゼを大幅に阻害することができず、Alpha-AI1のみが哺乳動物においてインビボで有効なアミラーゼ結合能力を示す.

Carb blocker examine 使い方

Alpha-AI1は、結合プロセスの活性がpH、温度(至適pHから離れている場合)および硝酸塩、塩化物、臭化物、ヨウ化物、チオシアン酸塩などの特定のイオンとの共存により非常に影響を受けるため、インビボでの炭水化物代謝に予測できない影響を及ぼすようです、およびカルシウムイオンはすべて、アルファ-A1がアミラーゼに結合する能力を増加させるが、カリウム、マグネシウム、硫酸およびナトリウムはアミラーゼに結合しない. また、腸内通過時間がより遅いことに応答して膵臓からのアミラーゼの分泌が増加するなどの他の間接的効果.
Phaseolus vulgarisのSubpar抽出物は、非常に高いフィトヘマグルチニン(PHA)含量をもたらし、白色腎臓豆抽出物の高い安全性閾値を有意に低下させる.
フェーズ2は、PHA含量を不活性化し、Alpha-AI1の活性を増加させるプロセスを受け、ヒトの研究の大部分で使用されている.
アルファ – アミラーゼの阻害を介して、Alpha-AI1は、ヒトへの栄養価のために、長鎖炭水化物が小腸に取り込まれることを防止する. このようにして、Alpha-AI1は、摂取した炭水化物をプロバイオティクスのように作用させることができる.
発酵させると、これらの炭水化物は、プロピオン酸、酪酸、および酢酸を含む短鎖脂肪酸を放出することができる. これらの短鎖脂肪酸は、(実験的に誘発された動物モデルに示されているように)結腸癌のリスクを低減すること、およびインスリン/グルカゴン放出を調節すること、および低グレードの全身性ヒストンとして作用することなどの他の利益を有することに関与すると考えられているデアセチラーゼ(HDAC)阻害剤.
当初、動物実験では、生豆の摂取は体重増加を改善することができ、その後の研究では食物摂取量の減少と澱粉排泄の増加の組み合わせによって全体的に説明できることが分かり、インビボでの作用機構がインビトロでの研究が引き継ぐ.
体重減少を測定するヒトの研究では、通常、食事中に吸収された栄養素と時間の経過とともに脂肪の損失
フェーズ2の急性毒性は、ラットでは体重1kgあたり5g以上であることが確認されており、ヒトの推奨消費量をはるかに上回り、優れた安全性プロファイルを有する白インゲン豆抽出物を導く.
2500mg / kg体重までの28日間にわたる慢性摂取は、実験動物では安全であるとさらに結論づけられている.

Carb blocker examine 読み方

アルファ-AI1は、特にフェーズ2の特許型で、デンプンの吸収不良を誘発するのに有効であるようであり、カロリー不足を模倣する方法による体重減少を誘発する. ヒトの研究はすべて、最高のでんぷん含有食事を補充することで利益を示すが、利益の程度は非常に変化するようである.
それは脂肪の損失を誘発することができないためにファーストラインの脂肪バーナーとしては推奨されないが、大部分のカロリーブロッカーのような栄養補助食品としてバンド補助剤として使用することができる.

過体重の被験者における体重減少の改善
栄養補助食品としてのPhaseolus Vulgarisレビュー
参考文献

アルファ – アミラーゼの阻害剤であるフェノラミンの腎臓腎炎からの精製と性質.
コーンビーンにおけるα-アミラーゼ阻害剤の推定前駆体に似たアルファ – アミラーゼ阻害剤様タンパク質の殺虫活性、Phaseolus vulgaris L. (1999)

白色腎臓豆(Phaseolus vulgaris)由来の精製アミラーゼ阻害剤の特徴付け.
部分的に精製された白豆アミラーゼ阻害剤は、インビトロでデンプン消化を減少させ、ヒトにおいて十二指腸内アミラーゼを不活性化する. (1985)

レイヤP、Zinsmeister AR、DiMagno EP. (1986)

ラットの標準化された白色腎臓(Phaseolus vulgaris)抽出物の亜慢性経口毒性.
黒豆とネイビービーン(Phaseolus vulgaris)の消費は、ラットのアゾキシメタン誘発結腸癌を減少させた.
肥満Zuckerラットの脂質蓄積は、生の腎臓(Phaseolus vulgaris)を食事に含めることによって減少する.
炭水化物の吸収と減量を阻止する:フェーズ2ブランドの独自の白豆抽出物を使用した臨床試験.

Carb blocker examine 過去分詞

(2004年)

体重増加した男性および女性の体組成に標準化されたPhaseolus vulgaris抽出物を含む栄養補助食品.

(White Kidney Bean Extractの一般的なスペルミスには、

 
「白豆豆エキス」検査. com(2013年7月12日公開、最終更新日)
2018年6月14日、
https:// examine
.

READ  アニマルカッツ 効果 クチコミ シャンプー