- デタングラー

オプチマム プロテイン 期限 ツムラ

オプチマム プロテイン 期限 ツムラ メインコンテンツへジャンプPubAgの選択(0)
 選択を表示選択をクリア

    
          前へ|次へ1 – 20 / 18,543 |次の著者:Ozdemir、Sadin; Kilinc、Ersin; Oner、Ebru Toksoy出典:食品化学2019 v. 174-179 ISSN:0308-8146件名:Coprinus;原子吸光分光法。カーボンナノチューブ;銅;銅ナノ粒子;脱着;乳児用食品;イオン;鉛;ニッケル; pH;吸着剤概要: . Coprinus silvaticus固定化多層カーボンナノチューブ(MWCNT)を用いたCu(II)、Ni(II)およびPb(II)イオンの予備濃縮について検討した. 123
 
 
  著者:Lopez、Jimena Claudia; Zon、Mar a Alicia; Fern ndez、H ctor; Granero、Adrian Marcelo; Robledo、Sebasti n Noel出典:食品化学2019 v. 161-168 ISSN:0308-8146件名:酸度;抗酸化剤;ケモメトリックス;酵素反応;酵素動態;オイゲノール;実験計画;酸化;ペルオキシダーゼ;紫外 – 可視分光法;バニリン . ダイズペルオキシダーゼ酵素によって触媒されるオイゲノール、イソオイゲノールおよびバニリン天然酸化防止剤の酸化をuv vis spectroscopy. 多変量曲線解明法を使用して、酸化防止剤の吸光度のプロファイルを、時間の関数として、酸化防止剤および . 145
 
 
  著者:Ayyash、Mutamed;ジョンソン、スチュワートK. ; Liu、Shao-Quan;メスマリ、ヌーフ; Dahmani、Shaikhah; Al Dhaheri、Ayesha S; Kizhakkayil、Jaleel出典:食品化学2019 v. 50-58 ISSN:0308-8146件名:Lactobacillus reuteri;ルピナス;アルファ – アミラーゼ; α-グルコシダーゼ;抗酸化活性;抗酸化剤;細胞株;酵素阻害;健康増進;新生物細胞;新生物;タンパク質分解;固体発酵;小麦;全粒粉食品概要: . この研究は、Lactobacillus reuteri K777およびLbによる72時間の固体発酵を用いて、発酵全粒ルパイン、キノアおよびコムギの健康促進特性のインビトロでの調査である. Caco-2およびMCF-7癌細胞系(それぞれ腸および乳腺起源の腫瘍細胞系)ならびにアミラーゼおよび-gluに対する抗増殖活性を調べた .

オプチマム プロテイン 期限 ツムラ ぬいぐるみ

031
 
 
  著者:Chen、Yan Ping; Chiang、Tsz Kei; Chung、Hau Yin出典:食品化学2019 v. 32-40 ISSN:0308-8146件名:ヘッドスペース分析;悪臭;主成分分析;固相マイクロ抽出;揮発性化合物 . 迅速なヘッドスペース固相マイクロ抽出法を最適化して、3つの市販のスフ試料中の揮発性成分を検出した. この方法を使用して、3つの場所で製造された12の商業的サンプルおよび3,15,30、および90日間熟成された実験室規模の発酵されたサンプルにおいて、揮発性プロファイルに有意に寄与する14の芳香の影響成分を修飾した. 018
 
 
  著者:Chen、Gengjun; Ehmke、Laura; Sharma、Chetan;ミラー、レベッカ; Faa、Pierre;スミス、ゴードン; Li、Yonghui出典:食品化学2019 v. 569-576 ISSN:0308-8146件名:焼き菓子;生地;糊化温度;グリアジン;グルテン;グルテニン;疎水性;損失弾性率;部分;分子コンホーメーション;逆相高速液体クロマトグラフィー;塩化ナトリウム;澱粉;小麦粉;ゼータ電位 . 硬質小麦粉生地を5つの異なるレベルの塩化ナトリウムで調製し、レオロジー特性を特徴付けた. ゼータ電位、ジスルフィド – スルフヒドリル基、表面疎水性、二次構造、および抽出可能なグリアジンおよびグルテングルテニンを分析して、塩によって誘導されるグルテン構造変化を解明した. 157
 
 
  著者:Liu、Rui;張、朝陽; Xing、Lujuan;張、リリ;周、Guanghong; Zhang、Wangang出典:食品化学2019 v. 407-414 ISSN:0308-8146件名:アポトーシス;生化学的経路;バイオインフォマティクス;システイン;酵素;解糖;等電点;リジン;肉質;分子量;筋肉;筋細胞;豚肉;タンパク質要約: . この研究は、バイオインフォマティクス分析を用いて、豚の死後筋肉からS-ニトロシル化タンパク質の特徴、代謝経路および細胞機能を決定することを目的とした. 結果は、S-ニトロシル化タンパク質が広い範囲の分子量およびpI値を有し、主に二次構造の機能領域に位置することを示した. 038
 
 
  著者:Fang、Min;周、Lv;張、胡; Liu、Liang; Gong、Zhi-Yong出典:食品化学2019 v. 156-161 ISSN:0308-8146件名:吸着; α-クロロヒドリン;カーボン量子ドット;蛍光;食品加工;ガスクロマトグラフィー – 質量分析;分子インプリンティング;モニタリング;紙;ポリマー;醤油;統計分析要約: .

READ  bwc クレンジング クリーム 口コミ

オプチマム プロテイン 期限 ツムラ 温清飲

3-モノクロロプロパン-1,2-ジオール(3-MCPD)は一般的な食品加工の汚染物質であり、発癌性の可能性があるためシンプルで迅速で感度が高く低コストのモニタリング技術が必要です. 濾紙上に直接捕捉された炭素ドットは高い蛍光強度を提供し、センサーとしての使用に適合させることができる. 我々は、分子インパクト(molecularly impr)と組み合わせてカーボンドットフィルター紙を合成した . 133
 
 
  著者:Ji、Xiaolong;張、ファン;張、瑞; Liu、Fang;鵬、蒋; Wang、Min出典:食品化学2019 v. 494-499 ISSN:0308-8146件名:フーリエ変換赤外分光法; Ziziphus jujuba;アラビノース;原子間力顕微鏡;果物;ガラクトース;ガラクツロン酸;ガスクロマトグラフィー – 質量分析;グリコシド結合;メチル化;分子量;核磁気共鳴分光法;多糖類;ラムノース;電子顕微鏡で観る;キシロース概要: . DEAE-Sepharose FFおよびSephacryl S-300カラムクロマトグラフィーにより精製した. PZMP2-2は、ラムノース、アラビノース、キシロース、ガラクトース、およびガラクツロン酸からなる比率が1である. 037
 
 
  著者:Guo、Jiagang;トン、Mengmeng;唐、傑; Bian、Hongzheng;ワン、Xiaochun;彼、リリ。 Hou、Ruyan出典:食品化学2019 v. 452-459 ISSN:0308-8146件名:acephate;アセトニトリル;りんご;ブロッコリ;ジノテフラン;ニテンピラム;オメート化物;ウーロン茶;残留農薬;ポリフェノール類 . UPLC-MS / MSによる分析のためにポリフェノールが豊富な農業サンプル(紅茶、リンゴ、ブロッコリー、およびシャロット)からの20種の農薬残留物の迅速な抽出および浄化の効率的な方法が開発された. 抽出後、PVPPを用いてポリフェノールを沈殿させ、上清を希釈してマトリックス効果を最小化した.

オプチマム プロテイン 期限 ツムラ みんしゅう

ホモジナイズしたサンプルを、アセトニトリル中でボルテックスしてから、コンビナ . 134
 
 
  著者:Kontoudakis、Nikolaos;シュミットケ、リーM. 89-99 ISSN:0308-8146件名:原子吸光分析法;銅;分別;高速液体クロマトグラフィー;疎水性;鉄;赤ワイン;固相抽出;スペクトル分析;白ワイン要旨: . ワイン中のCuおよびFeの種形成は、多くの方法論によって評価され、優れた性能を有するものは49種のワインに利用され、組成データ. 採用された分析戦略は、ストリッピングポテンシオメトリー、HPLCおよび抽出(固相または液体 – 液体)の後に原子吸光または光放出分光測定. 084
 
 
  著者:Chen、Xiaohua; Chen、Dejing;江、海;サン、ハイヤン; Zhang、Chen;趙、華; Li、Xinsheng;ヤン、フェイ; Chen、Chen; Xu、Zhimin出所:食品化学2019 v. 130-136 ISSN:0308-8146件名:Camellia sinensis;紅茶;調理された食品;キュウリ;炎イオン化;ガスクロマトグラフィー – 質量分析;収穫する;リナロール;製造;きのこ;臭気化合物;悪臭;嗅覚測定法;官能評価;固相抽出要旨: . Hanzhong紅茶のユニークな香りは、収穫場所の特別な場所と特定の製造工程によるものです. 本研究では、試料調製ツールとしての固相抽出法(SPE)を、分離技術としてのガスクロマトグラフィー(GC)と、質量分析(MS)、フレームイオン化(FID)および嗅覚測定法それは、 . 124
 
 
  著者:陳、ロング; Tian、Yaoqi; McClements、David Julian;黄、Meigui; Zhu、Bihua;王、Lingling; Sun、Binghua; Ma、Rongrong;カイ、カンクン; Jin、Zhengyu出典:食品化学2019 v. 268-273 ISSN:0308-8146件名:X線回折;アミロペクチン;アミロース;熱量測定;コーンスターチ;結晶構造;結晶;電子顕微鏡法;機能的特性;糊化;顆粒;衰弱;デンプン顆粒;温度要約: . この研究では、沈降と組み合わせた制御されたゼラチン化を用いて、正常なトウモロコシデンプ​​ンからNCGSを調製した. NCGSの形態および結晶状態を、光学および電子顕微鏡、熱量測定、およびX線回折(XRD)を用いて調査した。. 006
 
 
  著者:Milheiro、Juliana;フェレイラ、レオノールC. ; Filipe-Ribeiro、Lu Cosme、Fernanda;ヌネス、フェルナンドM. 110-117 ISSN:0308-8146件名:生物起源のアミン類;カチオン交換樹脂;誘導体化;検出器;食物マトリックス;高速液体クロマトグラフィー;有機塩素化合物;ポートワイン;赤ワイン;固相抽出要旨: .

オプチマム プロテイン 期限 ツムラ ぬいぐるみ

初めて、ワイン中の12の生体アミン(BAs)のHPLC-UV測定のための、単純で素早く、安価で、緑色の分散固相抽出(dSPE)法、次に塩化ベンゾイルのプレカラム誘導体化が提案されています. 強い陽イオン交換樹脂を用いたdSPEは、妨害化合物を排除することによって分析の選択性および感度を高め、5倍のenric . 116
 
 
  著者:Roman、Laura;ゴメス、マヌエル; Hamaker、Bruce R. 664-671 ISSN:0308-8146件名:アミロペクチン;バナナ;パン;消化性;押出;糊化;製造;分子量;感覚評価要旨: . パン粉および地殻の澱粉消化率を低下させるために、ネイティブ(NB)および押出(EB)バナナ澱粉および1:1天然:押出バナナ澱粉複合体(MB)の役割を調査した. 023
 
 
  著者:Dantas、Aline Macedo; Mafaldo、Isis Meireles; Oliveira、Priscila Mayara de Lima;リマ、マルコス・ドス・サントス; Magnani、Marciane; Borges、Graciele da Silva Campelo出典:食品化学2019 v. 202-214 ISSN:0308-8146 Subject:2,2-diphenyl-1-picrylhydrazyl;抗酸化活性;バイオアベイラビリティー;ブラックベリー;ブルーベリー;カリストフィン;カテキン;シアニジン;エピカテキン;インビトロ消化;先住民族;導入された種;鉄;モデル; p-クマル酸;プロシアニジン;ラズベリー;ソウルソップ;シリンギン酸;ブラジル概要: . フェノリックスおよび抗酸化活性のバイオアベイラビリティは、シミュレートされた腸障壁と結合された消化モデルを用いて、クプコ、ブラックベリー、ブルーベリー、ジャブチカバ、ラズベリー、カイおよびソーソップ凍結パルプ(FP). 099
 
 
  著者:Wang、Pengpu; Ji、Rongrong; Ji、Junfu; Chen、Fang出典:食品化学2019 v. 611-619 ISSN:0308-8146件名:DNA;アクリルアミド;動物モデル;アントシアニン;抗酸化剤;ブルーベリー;化学予防;エポキシ化反応;赤血球;グアニン;腎臓;肝;肺;代謝;代謝産物;ラット;組織;毒性;尿;バリン要約: . SDラットモデルにおいて、アクリルアミド(AA)(35mg / kg bw /日)強制飼養後のグリシドアミド(GA)代謝に対するBAE(175mg / kg bw /日)前処置の阻害効果を、この作品. UPLC-MS / MSを用いて尿、血液および3つの組織中のAA、GAおよびその代謝産物を定量した .

READ  アイハーブ 日焼け止め サプリ ネダン

オプチマム プロテイン 期限 ツムラ クラシエ

058
 
 
  著者:Park、Seong-Eun;ソ・スンホ;キム・ウンジュ; Byun、Sunghoon;ナ・チャンス;ソン、ホンソク出典:食品化学2019 v. 558-565 ISSN:0308-8146件名:Lactobacillus brevis; Lactobacillus plantarum;ロイコノストック;エリスリトール;発酵;フルクトース;ガスクロマトグラフィー – 質量分析;グリセロール;キムチ;乳酸;ロイシン;代謝産物;メタボロミクス;メタゲノミクス;微生物群集;微生物;ミオイノシトール;セリン;ソルビトール;キシロース概要: . キムチ発酵に及ぼす異なる微生物コミュニティスターター(MCS)の影響を調べるために、ガスクロマトグラフィー質量分析ベースのメタボロミクスおよび次世代シークエンシングベースのメタゲノミクスを適用した. キムチの代謝産物および微生物群集のプロフィールは、使用されたMCSに従って発酵の初日のものと著しく異なっていた. 032
 
 
  著者:Jiang、Tian;真央、英; Sui、Lushan;ヤン、寧; Li、Shuyi;朱、郑州;王、Chengtao;陰、盛;彼、Jingren; He、Yi出典:食品化学2019 v. 460-470 ISSN:0308-8146件名:アントシアニン;色;測色;縮合反応;食品業界;人生の半分;熱処理;高速液体クロマトグラフィー;メラノイジン; pH;サツマイモ;紫外 – 可視分光法要旨: . 紫色のサツマイモアントシアニンは、食品業界で広く使用されている一般的な天然色素であり、それらはしばしば適用で熱的に処理される. アントシアニンの分解、ポリマーの形成および紫色のサツマイモ抽出物(PSPE)の色変化を、pH3の範囲で90℃で調べた. 392-401 ISSN:0308-8146件名:フーリエ変換赤外分光法;有害物質;混入した製品;パン;ケモメトリックス;コーン;判別分析。最小二乗;モデル;価格;キノア粉;大豆;小麦粉概要: . キノア粉は、免疫栄養学的特徴によるパン処方物中の小麦粉の代用品として注目されている. このキノアへの関心が高まっているため、安価な穀物での混入の可能性があるため、需要が高まり、結果として価格が上昇しています. 140
 
 
  著者:Dong、Hao;西安、延平;シャオ、カイジュン; Wu、Yuluan;朱、梁;彼、Jiapeng出典:食品化学2019 v. 471-479 ISSN:0308-8146件名:アセトニトリル;較正;果物;マイコトキシン;固相抽出;ストレージ;貯蔵時間;いちご;トマト要約: . 果物と野菜における7種のマイコトキシンの分析のために、堅牢で敏感なUHPLC-MS / MS法が開発された.

オプチマム プロテイン 期限 ツムラ 六君子湯

固相抽出(SPE)およびQuEChERSクリーンアップを比較し、最終的に酸性条件下でアセトニトリルで抽出を行い、続いてHLB SPE精製 .